HOME法人製品情報Epica Top

Epica-Top

Epica(エピカ)統合受付システムのご紹介





Epicaは医療事務を支援し、効率化、 コストカット、
そして、より良い、患者サポートに貢献します。


Epicaは、スマホアプリによる電子診察券受付、ご利用中のカード診察券受付を入口として、受付をデータベース化。
それにより、受付番号管理、予約、待合番号表示、祝日などの日程管理、患者へのメッセージやメールなど、受付事務の効率化と、多機能化を実現する統合受付システムです。


診療受付が変わります。
  受付は電子診察券アプリ、従来のカード診察券いずれも利用いただけます。
  受付後は受付番号管理が可能で、連動して、タブレットによる待合番号表示が行えます。
  待合室の雰囲気が大きく変わります。

予約が変わります。
  簡単操作のスマホ予約システムは受付と完全連動。
  もちろん、電話や口頭での予約もサポート。
  休日、祝日の設定、予約人数、期間は時間単位で、いつでも編集可能。
  ロスのない予約スケジュールが設定できます。
  診療科や治療区分ごとに予約設定できます。(電気治療、透析など)

受付処理、事務処理が変わります。
  受付時点で、保険証の月またぎチェック、患者検索、患者ごとのタグ編集、予約管理、
  診療時間管理、休日管理、など、すべての管理をPC上のブラウザで処理できます。
  さらに、患者のスマホにメッセージやメール配信が行なえます。


Epica 紹介動画

動画をご覧いただくには、左下のプレイボタン( )をクリックします。
右下のズームアイコンをクリックするとフルスクリーン(1080p)でご覧いただけます。

この動画は、「Epicaのご紹介」 概要動画です。 (5分10秒)




この動画ではEpica 管理モニターや周辺端末の動作状況をご覧いただけます。(7分45秒)


Why Epica(1分30秒)
EpicaFAQ(3分41秒)

Epica(エピカ)電子診察券でできること






病院でできること
機 能
解 説
すべてを一元管理 受付、患者管理、予約、メール、システム管理等すべての機能を一台のPCで操作できます。
診療科が多い場合など、事務処理が複雑な時は、複数台のPCで切り分けて同時利用できます。
診察受付 Epicaスマホアプリおよび、従来からのカード診察券いずれも診察受付できます。
カード診察券の患者は、受付端末タブレットで患者自身が受付、または受付窓口で処理できます。
予約システム Epicaスマホアプリによる予約だけでなく、電話での予約や窓口での対面予約もサポート。
予約一覧表示、予約編集、予約日時変更も数クリックで処理できます。
時間毎の予約受入人数、予約受付日時もリアルタイムで編集が行なえます。
待合番号管理 受付には予約患者と一般外来患者が混在します。
予約を優先しつつ、適切な順番で患者呼出を行なうのが待合番号管理機能です。
急患発生、予約キャンセル、受付後帰宅など、患者呼出が無効となることはよくあることですが、それらをスキップして次の患者呼出をスムーズに行う機能です。
患者データベース 受付情報をデータベースのように扱えます。
患者名を検索して、受付や予約を入れる、来院履歴を確認するなどが可能ですから、通常医療事務だけでなく、電話での問い合わせにも大幅な効率化が期待できます。
患者管理 既存患者の氏名変更、カルテ番号、保険者番号変更なども容易に行なえます。
初診患者ではカルテもありませんが、一時的な受付をサポートし、患者を必要以上に待たせません。
保険証チェック 患者ごとに来院履歴を表示可能。
受付時点で、直近の来院から月をまたいでいるとカラー表示され、保険証確認が必要か、受付時点で簡単にチェックできます。
病院からの情報配信 オフライン(ネット接続不要)で、患者のスマートフォンにメッセージや、予約日の確認メッセージを送ることができます。
同様に、全員に対してアナウンス情報を発信することも可能です。
これらのメッセージ等はワンクリックで送信できるよう、テンプレート編集機能が用意されています。
診療時間管理 診療科ごとの受付時間を指定できます。祝祭日、年末年始などの臨時休診にも対応
待合番号表示 管理モニターから患者呼び出しと同時に、外部タブレットなどに待合番号表示できます。
待合番号表示は待合室のサイズに応じて、複数台設置が可能です。
カード診察券受付端末 タブレットを使って、カード診察券受付を利用いただけます。
患者自身が受付できますが、操作が困難な患者のために事務方でも受付できる仕様になっています。
待合室のサイズに応じて、カード診察券受付端末は複数台設置が可能です。
お知らせメール 病院から患者のスマートフォンにメール送信できます。
病院にはメールアドレスがありませんので、個人情報保護管理は不要です。
患者個人宛メール、条件絞込で一斉送信、送信日指定メール、誕生日メール、予約された方への確認メールなどさまざまなメールサービスが用意されています。
患者に経過確認などのメールを配信するなど、今までにない新しい医療サービスを展開できます。
まもなく通知 インフルエンザ流行時など、院外で受付待ちされることがあります。 そのような場合、受付番号管理と連動して、自動的に、「まもなく呼出し」通知が送信されます。
レセプトなどとの接続 レセプトなどと接続して、情報の受け渡しが可能です。
接続方法は情報提供していますので、対応に関してはレセプトメーカーにご相談ください。
柔軟な高機能システム構成 システムアップデート機能搭載、CSVでの患者データの読み込み、USBメモリーによる自動データバックアップ、レセコンなど外部機器との接続インターフェースを搭載。
セキュリティも万全 Epicaは外部との通信は全て暗号化するなど、高度な情報保護を実装しています。
効率化とコストカット 初期費用も運用コストも安価です。
医療事務の効率化により、より良い患者サポートを支援します。


スマートフォンアプリでできること
機 能
解 説
スマホで受付 病院ごとの診察券は不要です。院内に入ると自動的にその病院の診察券になります。 利用者はネットワーク設定や複雑な操作を必要としません。
スマホから予約 ご利用者はスマホから個人認証なしで、数タップで予約できます。 過去に診療履歴がなければ予約できない構造なので、未知の方の予約や、イタズラができないので、認証不要としています。
家族管理 複数ユーザーの登録ができます。
お母さんとお子様、ご両親など、家族の診察券として利用いただけます。
待合番号表示 受付後、受付番号表示で「あと何人目」が表示されます。
まもなく通知 受付後、呼出が近づくと、受付近くでお待ち下さい、と通知されます。
通院履歴 通院情報は履歴として蓄積され、その病院情報から診察予約が行なえます。
遠隔地チェック パスワードを連絡すれば、遠隔地にいる親族が通院履歴を確認することができます。
共有クラウンド クラウドに履歴共有できますので、スマートフォンを買い換えた時も、過去のデータが失われません。
病院からのお知らせ 病院からヘルスケア情報、経過確認などの病院からのお知らせを受信できます。


Apple Watch でできること
機 能
解 説
ウオッチで受付 ご利用者はスマホと連動したウオッチで、受付できます。 スマホはカバンやポケットの中でも構いません。
利用者切替 複数ユーザーが登録されている時、ウオッチ画面で利用者を切り替えでいます。 ができます。
お母さんとお子様、ご両親など、家族の診察券として利用いただけます。
あと何人表示 コンプリケーション対応で、あと何人で呼出しになるか画面表示されます。


Epica(エピカ)統合受付システムの構成


Epica統合受付システムは以下の機器で構成されます。

設置場所
機 器
病院内 Epica本体、管理モニター用タブレット/PC、待合番号表示用タブレット、カード診察券受付タブレット(上図、オレンジ枠)
病院外(ネット上) 共有用サーバ、病院管理マネージャー(CMS)(上図、グレイ枠)



Epica(エピカ)統合受付システムの最少構成



Epicaシステムの運用に関して、ニーズに合わせたフレキシブルな運用が行えます。

左図は、カード診察券受付端末なし、待合番号表示なしで、Epica本体単体で運用する、最少構成の利用例です。




Epica(エピカ)データ配信について


下図はEpicaのデータ配信を図式化したものです。
Epicaは主要なデータ配信をオフライン(ネット接続なし)で行います。







※ ご注意 ※

Epica システムの仕様、機能、インターフェースなどは予告なく変更されることがあります。
最新情報に関してはMAKIまでお問い合わせください。